012 バンカーとどう戦うべきか

バンカーというのは、半沢直樹のような銀行員のことではありません。ゴルフコース中にある砂場のことです。このサイトにも、今まで何度も出てきました。そして何度も言ってきました。「バンカーに入れてはいけない」と。

バンカーショット
バンカーショット

さて、ここではそのバンカーの恐ろしさ、そしてその対処法について解説していきます。

なぜバンカーは恐ろしいのか

バンカーというのは、ゴルフコースの途中にある、砂のゾーンのことです。ここにボールが入ってしまったら、どうなるのでしょう。

まず、バンカーでは、重要なルールがあります。それは、「ボールを打つ時以外は、クラブを砂につけてはいけない」というものです。

構えるときはもちろん、ボールに近づくときも、クラブを砂につけてはいけません。クラブで砂の状態を調べるのを禁止しているからだそうです。まずこの時点で、「とても構えにくい」。いつもと状況が異なるわけです。

バンカー構え
バンカーから打つときの構え

さらに、砂というのはとてもやわらかいので、ボールが砂に埋まってしまうこともあるんですね。そうすると、砂に埋まったボールのさらにその下にクラブを入れないとボールが出ません。いつもと打ち方が違うので難しい。

さらにさらに、打った後のことも考えないといけません。グリーンのまわりにあるバンカーは、グリーンよりも低い位置にあることが多いんですね。ということは、ボールを高く上げないといけないわけです。しかし、逆に勢いがよすぎるとグリーンの反対側までボールが飛んで行ってしまいます。

つまり、グリーン周りのバンカーに入ってしまった場合は、クラブを砂につけずに構えて、ボールの下にクラブが入れるように打ち、打ったボールは高く上げつつ、距離が出すぎないように勢いは殺す、という打ち方をしないといけないんですね。

無理じゃね???

初心者はバンカーとどう戦えばいいか

グリーン周りのバンカーに入ったとき、王道の脱出方法は、「サンドウェッジというクラブを使って、砂ごとボールを打つ」です。

ボールのある少し手前の砂からクラブを入れ、勢いよく砂ごと打ちます。サンドウェッジはクラブの表面がだいぶ寝ていますが、それをさらに寝かせて打つことによって、ボールは高く上げやすくします。また、砂ごと打つことにより、クラブの勢いに比べてボールの勢いはだいぶ弱まります。

この結果、ボールは高く上がるけど、勢いは殺され、グリーンに乗るというわけなんですね。

バンカーショット後ろ
砂ごとボールを打つ

しかし、初心者にこれは難しいです。

ボールが飛んで行っちゃうのを恐れて、普通は勢いよく打てません。しかし打つ勢いが弱いと、ボールが高く上がらないのでバンカーから出ません。砂ごと打つというのは、言うのは簡単ですが、実際には何度か練習しないとできないんですね。

まわりの人から、「力を入れて、しっかり打て」というアドバイスを受けることもありますが、やはりボールが飛んで行ってしまう怖さにはなかなか勝てません。

ということで、初心者は無理をしなくてもいいです。直接グリーンを狙わなくてもいいんです。バンカーの脇に出すことを考えましょう。

一番低くて近い出口に狙いを定めましょう。次に打つ時にバンカーが邪魔にならない場所なら、なおいいです。そして、ちょこんと打って脱出しましょう。

ボールが砂に埋まっていないのであれば、ボールを直接打てばいいです。砂に埋まっていたら、狙う先は同じで、クラブをよりボールの下に入れるようにして打ちます。

「砂ごと打つ」と他のゴルフサイトで言ってるところもありますが、初心者には難しすぎます。それができるなら、誰も悩みません

グリーン周り以外のバンカーについて

グリーン周り以外にもバンカーがあります。ここに入った場合はどうするのがいいのでしょう。

基本的には、「普通に打つ」。これが答えです。

ボールが砂に埋まってないのであれば、普通に打ちます。サンドウェッジじゃなくてもいいです。普通の打ち方でいいです。

ちなみに、「砂ごと打つ」というのはグリーン周りのバンカーのことであって、グリーン周り以外のバンカーでは「砂ごと打つ」必要はありません。砂ごと打つのは勢いを消すためにやるのであって、グリーンまで距離があるときはやる意味がありません。

さて、グリーン周り以外のバンカー話の続きです。もし、ボールのすぐ目の前がバンカーのふちで、段のように高くなっている場合、普通に打つとその段にぶつかるかもしれません。そういう場合はボールをバンカーの横に一回出してから打ちます。1打使っちゃいますが、バンカーから出る方がいいです。

ボールが砂に埋まっている場合は、普通に打たずに、いったんバンカーから出しましょう。ボールの下にクラブを入れるようにして打ち、一番近い出口から出すようにしましょう。

まとめ

というわけです。バンカーに入れてはいけません。これが原則です。しかし、もし入ってしまった場合は、無理せずに出す。これです。バンカーからきれいに脱出してピンそばに寄せるとか、初心者がそんなことを夢見てはいけません

このページの要点3つ

  • グリーン周りなら、近くの低い所へ向けてちょこんと打つ
  • グリーンから遠いバンカーの場合は、ボールを直接打つ
  • バンカーから出すために無理をしない

シェアして