014 主要なゴルフマナーを解説

前の回では、ゴルフのルールについてみてきました。ルールはたくさんあるという話をしましたね。実は、ルール以外にも、ゴルフには守らなくてはいけないマナーもたくさんあります。ゴルフというのは、めんどくさいですね。

ここでは、ゴルフに関するマナーについてみていきます。中にはエチケットと呼ばれるものもありますが、意味するところは変わらないので、全部「マナー」と呼んでしまいます。

服装に関するマナー

ゴルフにはユニフォームというのはないのですが、服装に関してはマナーが存在します。ゴルフ場には、ドレスコードがあるんですよね。高級レストランや高級ホテルかよ、とつっこみたくなります。

プレイ中の服装は、襟のついたシャツを着て、シャツをズボンにイン。これが基本です。

夏はハーフパンツでもOKですが、まれにハーフパンツの時はハイソックスじゃないとダメというところがあります。

女性の場合はミニスカートでもOKです。ただ、短すぎるのはダメです。

また、靴はゴルフシューズじゃないとダメです。普通の靴ではできません。

ダメな服装は、Tシャツやトレーナー、キャミソールやタンクトップですね。ジーンズや超ミニスカートなどもダメです。サンダルや草履もダメです。

また、ゴルフ場に到着したときに、ジャケットを着用していないと入れないというゴルフクラブもあります。ジャケットは持っていった方が無難です。

コース上でのマナー

次にプレイについて。プレイはスタート時刻に遅れないことはもちろんですが、進行を早くすることもマナーとなっています。素振りを何度もしたり、打つまでに時間をかけ過ぎるのは、マナー違反です。打ったボールが遠くまで飛んでいない時は、カートに乗らずに走りましょう。

2打目以降は、候補となるクラブを複数持っていくようにしましょう。ボールの場所まで行って、カートに戻ってクラブをとって、またボールの場所まで行く、というような時間の使い方はダメです。

また、周りの人への配慮も必要です。人が打つ時に、声を出したり音を立てないようにします。近くで素振りをするなんてのはもってのほかです。人のスイングの邪魔にならないよう、視界に入らない場所に離れておきましょう。

バンカーは、たとえボールから遠くても、低い所から入るようにします。高いところから入ると転びやすいし、砂が崩れてしまうからです。ボールを打った後は、打った場所や足跡をならしておきましょう。

グリーン上でのマナー

そして、最後のグリーンです。グリーンの芝を傷つけないために、走らないようにしましょう。

カップインしたらうれしくて飛び上がりたくなる気持ちもわかりますが、芝が傷むのでやめましょう。

カップに入りそうだったのに外したらずっこけたくなりますが、ずっこけるのもダメです。

また、人のライン(ボールとカップの間)を踏んではいけません。カップ周りを踏むのもいけません。ボールの動きに影響を与えるようなことはしてはいけません。

ボールがグリーンに乗った時に、くぼみができることがありますが、これは気付いたら直しておきましょう。グリーンフォークというものでなおしますが、やり方はキャディさんなどに聞いてみましょう。

みんなカップインしたら、後の組が打てるように、はやくグリーンから離れるようにします。このときも走ってはいけません。走らずに早歩きで退散します。

まとめ

マナーは、違反したからといって「○打罰」というようなことはありません。しかし、「○打罰」がないからといって、マナー違反がOKというわけではないんですよね。結局、マナーも、ルール同様、守らなくてはいけません。

このページの要点3つ

  • 襟付きシャツにパンツが服装のマナー
  • 時間厳守、コースの現状維持、他人への配慮もマナー
  • マナーもルール同様、守らなくてはいけない

シェアして